相続放棄・限定承認とは - 意外と知られていない 相続放棄と限定承認

相続放棄・限定承認とは

身内で亡くなった方がおり、その方の遺産を相続手続することになったら、そのときの選択肢として相続放棄や限定承認があることを知っておくといいですよ。
相続放棄・限定承認とは、いずれも遺産のすべては相続しない選択肢になります。

せっかくの故人の遺産を相続しない方法があるのはなぜなのか、それは相続しない方がいい場合もあるからです。
とても代表的なケースが、負の遺産が大きい場合。
相続をすると借金や負債、債務なども同じように引き受ける形になりますので、遺産相続の判断は慎重にやった方がいいんです。
負債がない場合は、何も考えずに相続しても、少なくともその相続財産以上の出費を強いられることはありません。
しかし負債がある場合は別ですよね。
このときは負債と資産のバランスで、その相続が損か得かが分かれます。
全面的に引き受けない方がいいと思われる場合、使うといいのが相続放棄や限定承認というわけです。

これをやると遺産のすべてを引き受けずに済みますので、相続したくない遺産が多いときは、この手続きを取るといいでしょう。
これら手続きを必ず知っておきたいのは、遺産相続において何の手続きもしないと、遺産を全面相続したとみなされるからです。
それで問題ないなら相続問題を放置してもいいんですが、好ましくない遺産があるなら、相続放棄や限定承認を絶対にする必要があります。

タイムリミットは、相続が開始されたのを知ってから3か月ですね。
この期間内に放棄などの手続きができなかった場合、遺産をすべて相続したとみなされます。
相続と放棄のどちらがお得かが明らかな場合なら、3か月もあれば判断に十分かもしれません。
しかし資産と負債のバランスが微妙だったり、故人の遺残調査が進まず、負債がどれだけあるのかハッキリしなかったりすると、3か月以内に結論が出ない場合もあるでしょう。
そのときは手続きすることで猶予期間を延長もできますが、これは認められない場合もあります。

ですから、なるべく最初の3か月以内に結論を出し、すべてを相続するのが損だと思ったら、放棄などの手続きを取ってください。
この3か月のスタート地点は「相続が開始されたのを知ったとき」ですので、身内に亡くなった人がおり、その方の遺産相続で自分が対象になることを知ったときから3か月となります。
何らかの事情で相続が開始されたのを知らなかった場合、すでに故人が亡くなってから3か月以上経っていても、これから放棄できる場合もあります。
故人の借金があるとわかったら、諦めずに相続放棄などを考えるといいでしょう。

これら相続放棄と限定承認ですが、どちらも負の遺産をすべて引き継がなくてよくなる点は共通です。
差があるのは、少しでも遺産を引き継げるかどうかですね。

相続放棄を選ぶと、ほぼ100%遺産相続はできなくなります。
故人とはあまり縁がなく、それら遺産とまったく縁がないならいいのですが、故人名義の一軒家や分譲マンションに住んでいるときは問題があります。
このときに相続人の全員がその権利を放棄すると、親族の誰もその家の所有権を引き継げないんです。
持主がいなくなった資産は、選出された管理人がそれを処分し、負債がある場合は債権者へと回されます。
そのため、故人の資産を今手元に持っていたり、それを活用して生活しているなら、負債が大きいからとすぐに放棄してしまうと、その後の生活に大きな影響が出ることがあります。

そんなときに使いたいのが、限定承認です。
コレを使うと、遺産を部分的に相続できます。
遺産のすべてを相続はしないため、大きな負債があっても、そのすべての返済義務を引き受ける必要はなくなります。
その上で、故人の遺産のうち、自分が引き受けたい特定の遺産に限って相続できますので、必要な資産があればそれを引き続き活用できます。
故人名義の一軒家やマンションに以降も住み続けたいなら、この形の相続がオススメですね。

このように、遺産相続は負の遺産が大きいときのため、その相続自体を放棄したり、必要な資産に限って引き継いだりといった制度が用意されています。
負債がないなら単純に相続すればいいですし、そうでないなら、これら相続放棄や限定承認といった制度を使えばOKです。
急に発生した相続で、少なくとも強制的に負債を背負わされることはありませんから、安心してくださいね。

ちなみに、故人が莫大な借金をしたにも関わらず、それを相続せずに放棄すると、借金を踏み倒したような形になって後ろめたいといった声もあります。
これについては、相続人が責任を感じる必要はないんです。
その負債は、あくまでその故人と、債権者の間での合意があって行われたことですので、お金を借りた人が亡くなった後、その親族がその債務を引き受ける法的な責任はありません。

ですから、莫大な負債があったとしても、それを放棄するのは法定相続人に認められた正当な権利なんですね。
ムリだと思ったら、遠慮なく放棄を使って問題ありません。
また、相続を放棄すると、残された資産はすべて換金され、結局は債権者へと回されます。
相続放棄や限定承認をしてその負債の大半を放棄しても、結果的にある程度は借金を返済できますので、この点も安心してくださいね。