負債や借金があるときの相続のコツ - 意外と知られていない 相続放棄と限定承認

意外と知られていない 相続放棄と限定承認 > 負債や借金があるときの相続のコツ

負債や借金があるときの相続のコツ

相続が開始されたとき、故人が残した資産に借金や負債がある場合、相続には慎重な判断が必要です。
必ず知っておきたいのは、それら負の遺産も相続の対象になることです。
プラスの資産だけを相続するつもりでこれらを単純に相続すると、借金や負債も同じように相続することになります。
もしそれらを相続すると、債権者への債務が相続人に移り、以前に故人がやっていたのと同じように、それらへの債務をこなすことになるんです。

コレが特に問題にならないのは、負債や債務が小さいときですね。
現金などが1億円ある中で、債務が100万円あるだけなら、仮にその債務を引き受けても相続した遺産を使ってすぐに一括返済できます。
これなら単純に相続しても問題ありません。

これが問題なのは、負債が非常に大きいときです。
現金が100万円、負債が1億円あった場合、100万円の現金を相続するために1億円もの債務まで引き受けると、その相続自体で大損しかねませんよね。

このような相続ならそもそも関わりたくないかもしれませんが、しかし相続は法律で定められた制度で、法定相続人は故人との血縁関係によって自動的に決まります。
莫大な負債を持っている身内が亡くなると、親族はどうしてもこのような相続問題に直面するんですね。
相続が原因で破産しないよう、そんなときに使えるのが、相続放棄や限定承認といった手続きです。
これらは相続自体を放棄したり、部分的な相続のみに留めたりといった対応が可能です。
この手続きをすれば、負債や借金などを引き受けずに、相続の手続きを終了できるんですね。

このような制度があるため、仮に借金や負債があったからといって、それを必ず相続する必要はありません。
また、相続放棄や限定承認をする理由なども、特に問われません。
そのまま相続すると返済できない、破産するしかなくなるから放棄するといった理由でも、もちろんOK。
理由に応じて放棄が認められないといったこともないんです。

このようになっていますから、負債や借金が大きい相続問題が発生したら慎重に判断し、引き継ぐのは無理だと思ったら、放棄などの各種手続きを取ってください。