相続放棄と限定承認の違いとは - 意外と知られていない 相続放棄と限定承認

意外と知られていない 相続放棄と限定承認 > 相続放棄と限定承認の違いとは

相続放棄と限定承認の違いとは

マイナスの遺産が大きいときに相続放棄や限定承認の手続きが必要になりますが、これらはどちらも負の遺産を引き継がずに済むところがあり、莫大な借金などがあるときの相続でオススメされます。
ではこれらの違いはなんでしょうか?

大きな違いは、プラスの資産を引き継ぐ余地があるかどうかです。
プラスの資産とは、現金、不動産、その他の物品など、一般的に資産価値があり、引き継ぐと儲けになるものですね。
これをまったく引き継げないのが相続放棄、少しは引き継げるのが限定承認です。

相続放棄の仕組みを厳密に言うと、法定相続人としての権利の完全放棄になります。
法定相続人は法律によって規定があり、故人と近い血縁があると自動的に決まりますので、ときには望まない相続の対象者になることもあるでしょう。
そんなとき、その相続をキャンセルできるのがこの相続放棄です。
負の遺産が大きすぎる相続で使われるのはもちろん、相続問題によるトラブル回避や、故人とは不仲だったことを理由に、受取拒否のためにこれが使われる例もあるんです。

相続放棄とはそのようなものですので、一度これをやるともうその方は法定相続人の権利を失い、一切を受け取らずにその相続を終了します。
ですから、負債などが回ってこない代わり、プラスの資産も一切受け取れない方法です。

コレに対して限定承認は、相続の権利を放棄するわけではありません。
むしろ前向きに相続を受け入れつつ、その相続する資産や範囲を限定する方法になりますね。
ですから、自分が引き受けたい遺産は受け入れつつも、その他の莫大な借金などは回避できる方法になるんです。

もちろんプラスの資産だけを、ただ受け取って終わりではありません。
その資産の範囲内では負債も引き受ける形になるため、引き受けた分だけは債務を果たさねばなりません。
ただ、何をどれだけ引き受けるのかは選べますので、無理なく引き受けられる範囲の債務のみ引き受け、その代わりに一部の資産も相続できるというわけです。

このように相続放棄と限定承認は、似ていますが違いもあります。
よく確認してくださいね。