相続放棄のメリットとは - 意外と知られていない 相続放棄と限定承認

意外と知られていない 相続放棄と限定承認 > 相続放棄のメリットとは

相続放棄のメリットとは

借金などの負の遺産があるとき、非常によく使われるのがこの相続放棄です。
それだけ負の遺産があるときにはメリットの大きい方法だからですね。

一番のメリットは、やはり負の遺産を一切引き継がずに済む点。
故人が誰にも内緒で作っていた莫大な借金などがあっても、相続放棄を一度すれば、相続人がその返済を迫られることはありません。
相続を放棄できる金額にも制限はないんです。
100万円といった比較的少額の借金でも、1億円を超える高額な借金でも、同じように放棄できます。

相続人の経済力を大幅に上回る莫大な借金や、債権者とのトラブルになっている厄介な借金などを一切キャンセルできるのが、大きなメリットですね。
そのため、負債があることが判明した場合や、かなりの確率で負債があることが明確な場合、トラブル回避のためによく使われます。

また、そのような大きなメリットがありながら、手続きが簡単なのも注目のポイントです。
相続放棄は、単にそれを放棄する旨を家裁を通じて手続きすればいいだけで、それ以外には特に手続きがありません。
ほぼ唯一のその手続きもそれほど難しくはなく、相続に慣れていない方でも十分にこなせます。

しかも相続放棄は、相続人全員で意思を統一する必要がありません。
法定相続人が何人かいる中で、自分一人だけが相続を放棄するのもOKです。
その場合、放棄した人間を除いて遺産を分割することになります。
放棄した人が高順位の相続人だった場合は、次順位の相続人へと相続権が移ります。
もし低順位の相続人だった場合、先に自分が放棄すると、もし上の相続人たちが同じように相続放棄したとき、自分に相続が回ってくる心配もなくなるんですね。

このように相続放棄は非常にわかりやすい制度な上に、手続きも簡単ということで、負債があるときにはとても大きなメリットのある方法です。
ちなみに、全員が相続放棄した場合、プラスの資産は家裁から選出された管理人が処理し、換金できた金額を債権者へと返還します。
最終的にそうなりますから、債権者の借金を完全に踏み倒したことにはならないこともメリットですね。