相続放棄のデメリット - 意外と知られていない 相続放棄と限定承認

意外と知られていない 相続放棄と限定承認 > 相続放棄のデメリット

相続放棄のデメリット

故人に負債があったとき、相続放棄すればそれを一切引き継がずに済みます。
とてもメリットの大きい方法としてよく使われますが、デメリットもあるんです。
これがあるため、どんなときでもコレが必ずオススメされるとは限りません。

相続放棄の一番のデメリットは、プラスの資産も一切引き継げないこと。
これはプラス・マイナスを問わず、相続資産をすべて放棄する方法ですからね。
たとえ借金が莫大にあってもすべてをキャンセルできる反面、引き継ぎたいと思っているプラスの資産も諦めることになります。

これが非常に大きな問題となるのは、故人の持ち家に住んでいた場合です。
たとえば一家の大黒柱であり、持ち家の正式な所有者でもあった父親が亡くなった場合、その家を引き継ぐには相続が必要です。
相続を放棄した場合、すべての資産は選出された管理人によって処分・換金され、負債があった場合には債権者へ、余ったお金は国へと回されます。

相続放棄はこのような流れになり、処分される資産には持ち家も含まれます。
そのため、一度放棄すると、期限までに家を明け渡さないといけません。
このとき、競売にかけられた自宅を自分がお金を出して買い戻すという方法もなくはないのですが、必ず自分が買い戻せるとは限らず、ほかの方に買われてしまえばそれまでです。

このように、負債を放棄できる代わりに、相続したい特定の資産も失うのが、この方法のデメリットです。
持ち家のほか、思い出の品や先祖伝来の家宝なども、失いたくない資産としてよく挙げられますね。

これ以外のデメリットとして、相続人同士で資産の内訳の共有や、意思統一ができていないと、相続人同士のトラブルに発展しやすいのがありますね。
相続放棄はあくまで各相続人の個人の意思でやる手続きになります。
ある相続人が放棄すると、その相続は次の相続順位の方へと回るだけなんです。
相続人全員が放棄すれば、莫大な借金を親族一同誰も引き継がずに済むのですが、誰かがその負債を知らずに相続すると、その方に負債が引き継がれてしまうんです。

ですから、円満に相続を放棄したいなら、負債があることやそれを放棄した方がいいことを、すべての相続人に連絡した上で放棄をしないと、あとで親族同士のトラブルになりやすいんです。
以上のようなデメリットは確認した上で、コレを試すといいですよ。