限定承認のメリットとは - 意外と知られていない 相続放棄と限定承認

意外と知られていない 相続放棄と限定承認 > 限定承認のメリットとは

限定承認のメリットとは

相続放棄に比べると、あまり使われないことも多い限定承認ですが、相続資産に大きな負債があるときに使えるいい方法の一つです。
限定承認の大きなメリットは、大半の負債は放棄しつつ、特定の資産だけは引き継げること。

これは、プラスの資産の範囲内でのみ、負債を引き受ける制度だとも言われますね。
通常、資産を相続したい場合は、負債もセットで引き継がれてしまうため、引き継ぎたい資産がありつつも、遺産の大半が負債という状況では、かなり悩ましい状況となります。
単純承認すると欲しい資産を引き継げる代わりに、莫大な負債もすべて引き継ぐ形となり、それを避けたくて放棄すると、欲しい資産も失う確率が高いんです。
そんな状況で、特定の資産だけを引き継ぎ、それ以外の負債は放棄するという折衷案のような方法が、この限定承認なんですね。
コレがよくオススメされるのは、持ち家に住んでいるときなどです。

故人が所有していた一軒家に家族全員が住んでおり、今後もその家に住み続けるつもりなら、なんとかその持ち家を相続しないといけません。
持ち家も相続する遺産に含まれますから、もし相続放棄をすると所有権も失い、家を明け渡す必要があるんです。
そんなときに限定承認をすると、持ち家だけは確保しつつ、負債は放棄できます。
このように現状の衣食住に強く関わる特定の資産や、その他どうしても保持したい資産、たとえば家宝などを守りつつ、負債は回避できるのがこの方法の一番のメリットですね。

このような方法になりますから、プラスとマイナスのどちらの資産が大きいのか、どうしてもわからなかったとき、保険として使える方法になるのも、メリットの1つです。
たとえば、相続が開始されたことを知り、故人の遺産を調査した結果、今のところはプラスの資産が大きいものの、借金などがあると強く疑われる場合もありますよね。

たとえば故人が生前に「借金がある」といった旨の発言をしていたのに、それが見つからないといった状況です。
亡くなるまでに完済した可能性もあるでしょうが、まだ見つかっていないだけという可能性もあります。
その借金が莫大なものであれば、単純承認するのはかなりリスクがありますよね。
そんなとき、限定承認を選んでおけば、あとでその借金が判明したあとでも、その負債を避けてプラスの資産だけを引き継げます。
このように限定承認はメリットの大きい方法です。