相続放棄や限定承認に関する照会とは - 意外と知られていない 相続放棄と限定承認

意外と知られていない 相続放棄と限定承認 > 相続放棄や限定承認に関する照会とは

相続放棄や限定承認に関する照会とは

負の遺産が大きいときは相続放棄や限定承認の手続きをオススメされますが、これらは個人の意思で自由に決められるものではなく、家庭裁判所を通しての正式な手続きになります。
ですから、それら手続きがきちんとなされたか、これら手続きをする当人も、その相続に関わる周りの人達も、それを公的に確認したいこともあるでしょう。
そんなときに使えるのが、この照会です。

照会すると、相続放棄や限定承認など、負の遺産の相続を回避できるこれら手続きを誰がしたのかを確認できます。
照会する機関は、その相続を発生させた故人の最後の住所に一番近い家庭裁判所です。
ちなみにココが、相続放棄や限定承認の手続きの受付先にもなります。
照会したいときも同じ機関にやるのだと覚えておくといいですよ。

照会した方がいいのは、たとえば莫大な借金を含む相続が身内で発生したとき。
このときに放棄がよく使われますが、優先順位の高い相続人がこれをすると、その方よりも下位の相続人へと相続権が移るんですね。
このときにきちんと全相続人に連絡があればいいですが、必ずしもそうなるとは限りません。
知らない間に自分より高位の相続人が放棄しており、今度は自分に相続権が移っていたというケースもあります。
そんなとき、誰が相続を放棄して、誰がまだしていないのか、きちんと確認するために照会手続きをするといいんですね。

また、この照会手続きは、相続人以外に債権者も利用できます。
莫大な借金があるとき、その全部か、もしくは一部を誰かが相続したなら、今度はその方に請求する必要がありますよね。
それが誰になるのかを確認するため、相続放棄や限定承認をした相続人について、債権者でも確認できるんです。
故人の親族であり、法定相続人でもあるとして、今後の債務対応について債権者から尋ねられたら、この照会手続きを勧めるといいでしょう。

このように、相続放棄や限定承認については、誰がそれをやったのか照会ができます。
相続を考えているときや、債権者への対応が必要になったとき、適時使ってみるといいでしょう。