相続放棄や限定承認の相談先 - 意外と知られていない 相続放棄と限定承認

意外と知られていない 相続放棄と限定承認 > 相続放棄や限定承認の相談先

相続放棄や限定承認の相談先

負の遺産が大きいとき、相続放棄や限定承認のどちらを選んだらいいのかも、初めての相続ではわからないこともあるでしょう。
どちらかの希望があっても手続きがわからなかったり、相続人同士で意見をまとめられなかったり、また、そもそも負の遺産がどれだけあるのか、正確にわからなかったりといったことがありますよね。
そんなときは専門家に相談するのもオススメです。

そもそも相続問題や手続きに慣れている一般の方は、あまりいないのが普通です。
誰かが亡くなったとき以外で、相続問題に直面する機会はそれほどないですからね。
これら手続きの目安は、相続が開始されたのを知ってから3か月です。
相続放棄、もしくは限定承認をするなら、この期間内に手続きをしないと、単純に相続したものとみなされます。
故人に莫大な借金がある中でそのような事態に陥るのは、できれば避けたいところでしょう。
困ったときは相続の専門家へと相談してみるといいですよ。

相続を専門にしている専門家は、弁護士、税理士、司法書士、行政書士など、いわゆる士業といわれる職業の方達です。
これら専門家以外では、相続問題の悩みを総合的に受け付けている団体も、このようなときに頼れます。
簡単な相談ならすぐに答えてもらえますし、本格的な問題なら、その団体と契約している弁護士や税理士などの紹介も受けられます。
このような専門家を頼れば、遺産の調査や、望ましい相続手続きを教えてもらえますよ。
負の遺産が大きいとき、相続放棄と限定承認のどちらがいいのかも、これら相談によって検討するのもいいでしょう。

また、相続人の全員の同意が必要になる限定承認をするときは、弁護士に間に入ってもらうのもオススメです。
もめやすい遺産の分割を丸く収めるため、弁護士の力を借りるケースは多いですからね。
相続人同士の意見を統一できず、限定承認の手続きが止まっているなら、弁護士に一度相談してみるといいでしょう。

以上のように、相続放棄や限定承認について、わからないことや困ったことがあれば、専門家まで相談してみるのがオススメです。